『LUMIX DMC-LX2』2011/04/03 23:59

レンズカバーが別なのだけは伝統よね
散在額:13800円(税込み、中古)

今のデジカメは普通のエントリー向けコンデジでも、ハイビジョン対応で16:9のワイドCCDを採用しているが、このLXシリーズはその走りとも言えるモデルで、発売した2006年時点では他社モデルでも16:9の画像は作れたものの上下カットして作る仕様だったが、LXシリーズは1/1.65型の16:9ワイドCCD採用というなかなか尖がってる仕様(現在は、他社含め1/2.3まで採用なのがたいてい)。そういうのはSONYとかのやる事かと思うのだが、安牌のパナでそれは中々面白いなと当時手ぶれ補正&コンデジでの高倍率でオンリーワンな個性を発揮していたLUMIXが好きだった自分としては、非情に注目していたモデル。
ただ、オンリーワンは中古でも高値安定してしまうもので、次のモデルチェンジを待てばいいやと先代のLX1を買ってLX3以降の登場を待っていたら、LX3からは一般的な1/1.63CCDに移行しちゃって「あれー?」とw。

かつては中古高値安定、しかも時が経つに連れて値段が落ちてきたと思えば、今度は意外と程度の良い物が中古で物が出回らない、という中古市場になっていて、この際多少の欠品には目を瞑るかレンズに異物混入とかはカンベンだけど(ところが、それでも割とすぐ売り切れるんだよな)、と中古コーナー巡りをしていたら、やっと完品にめぐり合ったので即購入。
店員の人も「あれ?LX2もうちょっと並んでたんだけど、もうこれだけになっちゃいましたね」と言っていて「なかなか程度のいい奴って見つからないですよねー」「結構レアになっちゃってますからね」と盛り上がってしまった。
カメラの基本仕様としてはLX1から画素数が上がったくらいなんだが、ハードウェア的にはISO感度が1600(3200)まで向上したりRAWに対応したりHD動画撮影できるようになったりSDHCに対応したりと、現行世代標準になっているのが大きい(そういう点でLX1は一世代前な仕様か)。AVC録画ができないのが残念なくらいですかね。
そう言えばLX1も黒モデルを買おうかと思ったんだが、黒モデルなのにレンズ部がシルバーなんだよな。筐体の色が黒一色に統一されたのも良い。

デジカメとしては一世代古いモデルではあるけど、末永く使いたい機種である。

ついでに、当時の提灯レビュー記事

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック