『700-TP1052DW』2011/07/30 23:59

余裕のある5口なのでアダプタも安心
散在額:2980円(税込み、送料込み)

昨今の節電ブーム(?)につられて、というわけでもないが、元々省エネ思考があったのでワットメーター関連の商品に興味があり、良いタイミングかと思いワットメーター付き電源タップを買ってみました。商品的には消費電力関係の各種情報表示に特化している同社TAP-TST5に比べ、電源タップ兼用という事で電力量表示機能だけだし精度などで色々物足りない面はあるのは理解しつつ、とりあえず、電気の消費具合の傾向はつかめるかなという事で。
商品的にはセルサスのCS-WT5のOEM品かなと思われ、その商品評価はこんな感じ。割と使い勝手は良い商品の模様。

設置状況は画像の通り5口フルに挿していますが、エンコ用PCやイーサネットコンバータ、ノートのアダプタ(主に充電のみ)と平常時ではあまり負荷のかかる訳でも無い面々。イーサネットコンバータしか電源が入っていない状況で配線すると、まずは5Wと表示されましたが、製品仕様上、通電中の下限として5W表示されるそうです(もちろん、何も挿さっていなければ0W)。
手始めにノートPCなどを充電中で挿してみると20W~程度に上昇しましたが、充電が完了すると5Wまで落ちました。うむ、ちゃんとそういう電源管理がされているのか。エンコPCをオンにすると、起動時は80Wt程度、ログイン画面からアイドル時までは50W程度で安定。エンコを始めるとCPU負荷が上がって80~85Wくらいまで上昇します。うむ、CPU強化でピーク時間低減作戦は上手くいっているという証明にはなるな。他にもサーキュレーターが30W程度はかかるみたい。
ちなみに、一般的電源タップ同様1500Wが上限で、1500Wを越えるとブザーでの警告と安全装置を備えていますが、まぁ一般家庭で一つの電源タップで1500Wも行く事はないだろうというか、どういう電源管理しているのか問いたくなる。

消費電力表示の精度はともかく、こうして使用傾向がつかめるのはいいですね。実際に節電に活かすかどうかは置いといても、省電力化のためのチューニング魂に駆られるというかwそういうところを刺激される人にとってはなかなか魅力的な商品かと思われます。他の電源タップも置き換えたくなってきましたw。もしくは、やっぱり単体ワットモニターを買ってみるとか。

他の商品では、アナログメータな物もあるけど、デジタルな分だけ数字の変化がわかりやすいかな、と思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック