『末弥純画集 Wizardry』2006/05/20 22:44

散財額:4200円

我が崇拝する絵師十傑、というか3本指には入るであろう末弥純氏の『Wizardry』についてのイラスト集が発売するとの事で、買わない事があろうか、いやない、というくらいの勢いで予約しといたモノが、やっと届きました。
Amazone.co.jpめ!モタモタしやがって!!
イラスト集というには少し高めのお値段ですが、これくらいなら迷わず買うね!オレは!
もっと値段が上がったら?‥‥うーん、うーん、もう1000円くらいなら‥‥。

内容は、氏が手がけたFC版Wizardry#1からのゲームタイトルやTRPGのシナリオ集のパッケージイラスト、#5~BCFまでのモンスターデザイン、ノベルの挿絵、フィギュアのデザインメモを収録。つか、BCFも氏が手がけてたの?‥‥それとも国内版用に描き下ろしたもんか?
氏のWizardry関連のイラスト集としては、かつて「ウィザードリィ・ワークス」というのも出ていたわけで(もってないんだこれが)、おそらくそれ以降の作品が収録されているのかな、と思う。
フィギュアのデザインメモなんかはとても貴重な感じ。

こんなシリアス系ファンタジー且アーティスティックな絵を手がける同氏ながら、わりとコミカル作品のイラストも描くっつーか、Leafの『ToHeart2』本に寄稿してたのはやっぱ衝撃だったなぁ。酒豪らしいので酔っ払ってたんじゃね?

『萌えもえ!W杯観戦ガイド』2006/04/25 23:59

散財額:1365円

週刊少年誌がこぞって長続きしなさそうなサッカーマンガの連載を始めるW杯目前、巷に溢れる「萌え萌え」煽ってる書籍にもついに!というかやっぱり!という感じで、W杯観戦ガイドなる本が出てました。
ハッキリ言って絶対にネタにしからないなのは解るんだけど、でも中身がとっても気になるじゃないですか。でも、どこでも内容が採り上げられる事はないだろうし、なら自分で買うしかないじゃないか!
お値段は1300円(税抜き)。たけー('A`)

さて、そもそもW杯観戦ガイドって、どんな本になるのよ?というと、出場32カ国を表紙の登場人物3人組がサカヲタトークで紹介していくというもの。おおよそ2chのワールドカップ板、海外サッカー板みたいなトークが繰り広げられています。とは言え、グループ突破確立予想とか、それなりに情報を仕入れてつけてるのかなーって感じだし、日本も含め各国への評価は割と辛らつ気味なとこもあるかも。
またトーク部分もジローラモみたいな小ネタを挟みまくっているので、そういう豆知識チックなところ知るという点では、ある意味普通のサッカー誌とは違った楽しみ方ができるかもしれない。
ただ、観戦ガイドというには選手名鑑にはなっていないので、そういう資料を求めたい分には話しにならない。それを考えると、やっぱこの値段はなぁ‥‥(苦笑

なんだが、三都主と韓国の扱いがアレなのと、
  _ _ ∩
( ゚∀゚)彡 オッパイ!オッパイ!
 ⊂彡
な本だと思います。

『凛 松本規之画集』2006/04/02 02:26

散財額:2730円

現在、色々なメディアでイラストやコラム漫画で活躍中の松本規之氏の画集です。我がお気に入り絵師十傑の一人であるので、速やかに査収させていただきました。
店頭で見て、初めてそんな物が出ているって気がついたんだけどな!

内容は、松本氏が商業・同人合わせて描いてきたイラスト、コラム、漫画などを収録。商業関係のイラストがひとまとめになってるのは、ファンとして嬉しいかも。それと同人も含まれるって訳で、サークル麒麟堂として発行しているSHENANDDAH収録の作品も多数含まれてます。同人は冊数もかなり出ているので、同人誌を全然もってないという人には総集編としてとてもいいんじゃないかな。同人誌持ってる人も、元がカラー作品の物は全てフルカラー収録なので、そういう価値はあるかも。それにコピー本とかペーパーとかの物まで含まれてるし。

お気に入り絵師っつーと、堀部秀郎氏も画集を出すはずなので、そっちも忘れない様にしとかないとな。

『ぱすてるチャイムContinue Visual Collection』2006/02/24 21:52

散財額:2100円

まったくノーマークだったんだけど、とら店頭でみかけて、スタッフ描き下ろしペーパーが付くというので、速やかに査収。
攻略本?と思うには薄い本だなーとは思ったのだが、内容を見て納得。文字通り『ぱすちゃ』世界の設定資料集っていうか、『ぱすちゃC』の世界観を楽しむファンブック(イラスト多め)って本なのでした。
攻略情報としてマップデータなんかはあるけど、アイテムやモンスターなどゲームの攻略データを求めていた人にはハズレもハズレじゃないかなぁ。作中のイベントCGもフォローされているわけじゃないので、その辺のニーズも微妙かも。
うん、まぁ、同人とかアンソロとか楽しめる人にはいいアイテムじゃないかな?個人的にはOKですよ?

ぶっちゃけ、とらのオマケが付いてるからこそ許せてるかもしれないとも言える(苦笑

『オシムの言葉~フィールドの向こうに人生が見える~』2006/01/18 21:54

散財額:1680円

昨年末に発売されたものの、店頭で見かけたのは他人が注文してあった物を買っている瞬間くらいで、ネットショップじゃ軒並み入荷の見通しのなさそうな『オシムの言葉』。戯れでJBOOKで検索したら、発送の目安が24時間以内だったので、とりあえず注文してみたら本当に届きました。
というか、今週になったら軒並み各ネットショップで24時間発送になってら。重版できたのかも。

内容は、ジェフユナイテッド千葉の監督に就任してからをベースに、監督人生の半生を追うというもの。まだペラペラとしてかみてないけど。他サポとは言え、興味深く読ませてもらいたいと思います。
「語録」とか期待してるとちょっと方向性が違うと思うんですが、その語録に繋がる背景ってのを知れるんじゃないですかね。
つか、“監督”論について読みたくなる監督なんて、オシムくらいだよ今のとこ。
岡ちゃんはなー‥‥なんか著作あったっけ?